買取事例 オーディオアンプ CDプレーヤー オーディオ機器

【宅配買取】時代を先取り これからのSONYのミニコンポ・NAS-M7HDを兵庫県宝塚市のお客様よりお譲りいただきました!

2022年10月24日

兵庫県宝塚市のお客様からSONYのオールインワンミニコンポ『NAS-M7HD』を宅配買取にてお譲りいただきました。良盤ディスクのご利用ありがとうございました。
ネットジュークシリーズの名機、NAS-M7HDについて見てみたいと思います。

NAS-M7HDの紹介

SONY ミニコンポ NAS-M7HD
本体&スピーカー&ラジオアンテナ設置例

今回入荷したSONYのミニコンポ『NAS-M7HD』は2005年に登場しました。この頃のSONYのオーディオは大成功を収めたiPodのアップルに負けじと録音曲数と楽曲管理ソフトとの連携に力を入れておりました。本シリーズも大容量のHDD(40G)を採用し、コンポ本体には最大2万曲もの楽曲を収録することができました。これによってウォークマンの曲管理が簡単になりました。しかも従来のメディアであるMDやCD、そしてラジオまでもHDDに直接録音することが可能だったのです。この頃になるとコンポもメディアを再生するだけの機器ではなくなっていました。

NAS-M7HDの歴史とスタッフの思い出

SONY ミニコンポ NAS-M7HD
中央のHDDマーク

NAS-M7HDはコンポとしては基本機能をすべて兼ね備えており、収録曲の多さや音の良さも含め満足感はとても高かったです。
ただ、先程記載した通りこの頃は米国のアップルiPodが時代を席巻していましたので、パソコンで音楽を取り込みプレイヤーと同期させ曲移動というスタイルが一般的となっていました。わざわざ専用のコンポを新調する人も少なかった印象です。

SONY ミニコンポ NAS-M7HD
2WAYスピーカー&ウーファー付き
SONY ミニコンポ NAS-M7HD リモコン
リモコンは同時代のレコーダーと同じ形
SONY ミニコンポ NAS-M7HD
LAN端子付き

もちろん本製品もSONYさんが持つ多種多様な再生メディアとの連携や同期を意識しておりました。
そんななか、私が注目する機能はずばりMDとの連携でした!

御存知の通りMDではディスクタイトルやアーティスト情報に加え曲のタイトルもテキスト入力することができます。
この時MDの発売から10年経過していましたし所有しているMDメディアの数も膨大になっていた私には、魅力的な技術に思えました。

本機のMDスロットにMDメディアを入れ”HDDREC”ボタンを押すだけですべてのトラックをタイトルごとそのまま録音することができたのです。
しかも更に嬉しい機能としては、当時「打倒iPod」を謳っていたウォークマン『NW-Aシリーズ』との連携でした。

NW-A918
NW-A918

なんとHDDに取り込んだMDのデータごとそのままウォークマンに転送することができたのです。これには正直しびれました・・・。貴重な楽曲を救うことができたのです。

最後に…

思い出深いミニコンポ『NAS-M7HD』について思い出しながら語ってしまいました。
もし不要になってしまったミニコンポがございましたら、お気軽に良盤ディスクスタッフまでお問い合わせください。
皆さんの思い出の機器をしっかりと買取いたします!

オーディオ機器買取ページ

写真を送るだけのかんたんLINE査定が、お客様より「買取から現金化までの流れがスムーズ」と好評をいただいております。
整理を検討されているオーディオ機器がございましたら是非ご相談ください♪ (返答時間:9時~18時)

お見積りのみもOK!

買取申込みフォーム

写真を送るだけで金額がわかる!

良盤 簡単!LINE査定
  • この記事を書いた人
Avatar photo

RF-maruyama

姉妹店「レトロPC・ゲーム買取専門店 BEEP」より、あのRF丸山が良盤ディスクにやってきた!! 実家がレコード店で幼い頃から息をするのと同じくらい当たり前に名盤と生きてきました。

-買取事例, オーディオアンプ, CDプレーヤー, オーディオ機器
-